卓球は女子団体準決勝の残り1試合が行われ、2連覇を狙う中国が3―0で韓国を下し、7日の決勝で福原愛(ANA)石川佳純(全農)平野早矢香(ミキハウス)の日本と対戦することが決まった。  日本は5日の準決勝で北京大会銀メダルのシンガポールに3―0で勝って決勝に進み、五輪の卓球で男女を通じて初のメダル獲得を確定した。(共同)