【ロンドン共同】ロンドン五輪第10日の5日、陸上男子100メートル決勝でウサイン・ボルト(ジャマイカ)が五輪新記録となる9秒63をマークし、2連覇を達成した。自身が持つ9秒58の世界記録更新はならなかった。  日本は卓球女子団体が銀メダル以上を決め、フェンシング男子フルーレ団体で銀、男子ハンマー投げの室伏広治(37)が銅を獲得した。メダル数は「色」が未確定の卓球などを除き、金2、銀12、銅13の計27個となり、北京大会の25個を上回った。  ボクシングでも、男子バンタム級の清水聡が4強入り。3位決定戦が行われないため、日本勢44年ぶりのメダルを確定させた。