▽石川佳純の話 相手がウ・ジャドゥになった時は嫌だなと思った。競り合いになったけど勝てて良かった。最後は、勝つためには打つしかないと思って、思い切り攻めた。  ▽平野早矢香の話 ダブルスは久々だったので緊張して入った。ずっとビデオでも研究していた。ここからが本当の勝負。気持ちの準備もして思い切りぶつかりたい。  ▽福原愛の話 石川選手が先に勝ってくれて楽になった。自分が負けても1勝1敗だと思って戦えた。(平野との)ダブルスは久々で不安はあったがいいプレーができた。準決勝は自分たちを信じて持っているものを出し切りたい。(共同)