【ロンドン共同】卓球の日本代表6選手が26日、試合会場のエクセルで初練習に臨み、福原愛や石川佳純らが球の跳ね具合や台の感触を確かめた。  初出場となる男子の丹羽孝希を除く5人は、昨年11月のテスト大会で既に会場を経験。その時よりも観客席が増えてきれいになったといい、石川は「思ったよりもやりやすい」と感想を語った。  福原はカット選手を想定した練習や韓国の補欠選手とのラリー練習も行い「テスト大会ではいい思いをできなかった。今回は笑って終われるようにしたい」と意気込んだ。  男子のエース水谷隼は「練習の感じは悪くない。会場に来て、気が引き締まった」と話した。