全国高校総体(インターハイ)第21日は17日、新潟県長岡市などで水泳が始まり、競泳男子200メートル平泳ぎで山口観弘(鹿児島・志布志)が日本歴代2位となる2分7秒84の高校新記録で優勝した。 日本選手の2分7秒台は、2分7秒51の日本記録を持つ北島康介(日本コカ・コーラ)に次ぐ2人目で、2分8秒29でロンドン五輪同種目の3位に入った立石諒(NECグリーン)のタイムを上回った。 男子400メートル自由形は同五輪400メートル個人メドレー銅メダルの萩野公介(栃木・作新学院)が3分48秒61の大会新で優勝し、女子200メートル平泳ぎも同五輪代表の渡部香生子(東京・武蔵野)が2分25秒04の大会タイ記録で勝った。 女子200メートル個人メドレーは千葉・市川学園1年の樋口恵夢が2分12秒00の高校新で制し、五輪代表の大塚美優(埼玉・武南)は2位だった。 女子高飛び込みは榎本遼香(栃木・作新学院)が優勝した。 青森県勢は、競泳の男子400メートルリレー予選4組で工大一が3分37秒67で3位に入ったが、決勝進出ラインには届かなかった。【写真説明】【競泳男子400メートルリレー予選4組】3分37秒67で3位だった工大一の第2泳者・今井祐次郎(下)と第3泳者の原航平=ダイエープロビスフェニックスプール※詳しくは本紙紙面をご覧ください。有料携帯サイトにも掲載しています。