【ロンドン共同】ロンドン五輪第9日の4日、競泳400メートルメドレーリレーで、日本は男子がこの種目3大会連続メダルとなる「銀」、女子が日本新記録で「銅」を獲得した。今大会の日本競泳陣のメダルは、銀3、銅8の11個で戦後最多。全競技通じてのメダルは金2、銀10、銅12の計24個。  男子は入江陵介が今大会3個目、松田丈志が2個目のメダル。北島康介は今大会初、通算で7個目を手にした。女子は鈴木聡美が今大会3個目、寺川綾が2個目。  陸上の男子1万メートルで、佐藤悠基は28分44秒06で22位だった。男子20キロ競歩の日本勢は藤沢勇の18位が最高だった。