「ハギノ」が世界の舞台で衝撃デビューを飾った。28日のロンドン五輪競泳男子400メートル個人メドレー予選で、自身の日本記録を更新し全体のトップで決勝進出を決めた萩野公介選手(17)。同選手が通う宇都宮市の作新高では級友らが声援を送り、「同じクラスにこんなすごい人がいるなんて」。