【ロンドン共同】ロンドン五輪第2日の28日、競泳男子400メートル個人メドレー決勝で、栃木・作新学院高3年の萩野公介(17)が4分8秒94の日本新記録で3位となり、競泳男子ではメルボルン大会以来56年ぶりの高校生メダリスト誕生となった。  男子100メートル平泳ぎ準決勝では、3連覇を狙う北島康介が全体の6番目で決勝に進んだ。  サッカー女子1次リーグ第2戦でスウェーデンと引き分けた日本は、他組の結果により準々決勝進出が確定。  体操の男子団体総合で2大会ぶりの金メダルを狙う日本は、予選で内村航平が鉄棒、あん馬で落下するなどしたが、決勝進出を決めた。