日本オリンピック委員会(JOC)は18日、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島、茨城4県の中学生20人をロンドン五輪に招待すると発表した。被災地復興支援の一環で、2000年シドニー五輪競泳メダリストの中村真衣さんが視察団の団長を務める。  新潟県出身で04年の中越地震や、07年の中越沖地震を経験した中村さんは「被災した子どもたちの悲しみは簡単には消えないが、いろんなことを乗り越えられる強い人間になってもらいたい。五輪でしか味わえない感動や緊張を肌で感じてもらいたい」と期待した。