【オマハ(米ネブラスカ州)共同】競泳のロンドン五輪米国代表選考会最終日は2日、ネブラスカ州オマハで行われ、女子50メートル自由形で45歳のダラ・トーレスは24秒82の4位に終わり、6度目の五輪出場はならなかった。ジェシカ・ハーディが24秒50で制し、100メートルに続いて代表に決まった。  男子1500メートル自由形はアンドルー・ゲメルが14分52秒19で優勝した。  米国水連は同日、五輪代表チームを発表し、北京五輪8冠のマイケル・フェルプスは個人4種目の代表となった。男子のライアン・ロクテ、女子の17歳、メリッサ・フランクリンも個人4種目に出場する。