【ロンドン共同】ロンドン五輪の競泳日本代表のうち英国での事前合宿に参加する第1陣17人が1日、日本選手団全体の先陣を切ってロンドンに到着し、女子平泳ぎの15歳、渡部香生子(JSS立石)は「(ここまで)いい練習ができた。調子を維持していきたい」と話した。  渡部らとともにスペインの合宿地から到着した萩野公介(御幸ケ原SS)は「現地に入って、7月にもなって五輪が楽しみ。ムードも少しずつ出ていると思うので、それを感じつつ生活したい」と期待感を口にした。  第1陣17人は、五輪選手村から約40キロ東のバジルドンの施設で10日まで練習した後、スペインでの直前合宿に臨む。