【オマハ(米ネブラスカ州)共同】競泳のロンドン五輪米国代表選考会第5日は29日、米ネブラスカ州オマハで行われ、男子200メートル平泳ぎは25歳の伏兵、スコット・ウェルツが2分9秒01で勝ち、2分9秒97で2位のクラーク・バークルとともに五輪代表に決まった。  100メートルを制したブレンダン・ハンセンは4位に終わり、2008年北京五輪に続いてこの種目の代表入りを逃した。  女子200メートルバタフライはカミール・アダムズが2分6秒52で、男子100メートル自由形はネーサン・アドリアンが48秒10で勝った。