【オマハ(米ネブラスカ州)共同】競泳のロンドン五輪米国代表選考会開幕2日前の23日、有力選手が米ネブラスカ州オマハで記者会見し、北京五輪8冠のマイケル・フェルプスは「自分の目標に向けて、やるべきことをやりたい」と抱負を語った。出場種目については明言しなかった。  昨年の世界選手権5冠で、フェルプスとの対決が注目されるライアン・ロクテは「文句のつけようがないくらい、順調に練習を積めた」と自信をのぞかせた。フェルプスは自由形、バタフライ、個人メドレーの計7種目、ロクテは専門外の平泳ぎも含め、計11種目にエントリーした。