競泳女子平泳ぎのロンドン五輪代表で15歳の渡部香生子(JSS立石)は9日、大阪市内のホテルで開かれた所属クラブによる壮行会に出席し、記者会見で「プレッシャーに負けず、自分のレースをしたい。自分の力を全部出し切れるようにしたい」と笑顔で抱負を語った。  水泳の同五輪日本代表では最年少。日本選手団全体でも最年少となる可能性があり「年上の人たちと一緒に戦って、たくさん吸収したい」と目を輝かせた。麻績隆二コーチは「2016年リオデジャネイロ五輪に間に合えば、と思っていたが、想定より早く成長してくれた」と褒めた。