セーリングは女子470級の近藤愛、田畑和歌子組が4レースを終えて14位に後退した。同レーザーラジアル級の土居愛実は10レースを終えて31位となり、上位10艇による最終レースに進めなかった。  男子470級の原田龍之介、吉田雄悟組は6レースを終えて14位、同RSX級の富沢慎は8レースを終えて30位、女子RSX級の須長由季は8レースを終えて23位となった。(共同)