マラソンはバッキンガム宮殿前の大通りを発着点にロンドン市内を3周するコースで男子を行い、中本健太郎が2時間11分16秒の6位に入り、日本勢2大会ぶりの入賞を果たした。キプロティク(ウガンダ)が2時間8分1秒で初優勝した。  山本亮が2時間18分34秒の40位、藤原新は2時間19分11秒の45位に終わった。  中本は34キロすぎに入賞ラインを争う集団から抜け出し、粘り強く走った。キプロティクは一時、先頭集団から遅れたが、37キロ手前で追い付くと独走態勢を築いた。(共同)