感謝を込めて監督を投げ飛ばす吉田選手