シンクロは8人で演技するチームの後半フリールーティン(FR)を行い、日本(足立、箱山、乾、糸山、小林、三井、酒井、吉田)は93・830点でテクニカルルーティン(TR)との合計は187・630点となり、5位に終わった。  デュエットも5位だった日本は1984年ロサンゼルス五輪から続いていたシンクロでのメダル獲得が途切れた。  ロシアが合計197・030点で優勝し、デュエットと合わせ4大会連続の2冠。2位に中国、3位にスペインが入った。(共同)