韮崎市立図書館は12日まで、ロンドン五輪にちなみ、各国の絵本などを紹介する特別コーナーを設けている。五輪に参加している204の国と地域のうち、約150カ国のデータをまとめた冊子も無料配布していて、同館は「五輪をきっかけに世界各国の文化に触れてほしい」としている。 ロンドン五輪を盛り上げるとともに、世界の国々に興味を持ってもらおうと企画。ムーミンが登場する「それからどうなるの?」(フィンランド)、「マトリョーシカちゃん」(ロシア)など、五輪参加国が舞台となったり、作者の出身国だったりする絵本など約90冊を特別コーナーで展示している。本は借りることもできる。 また、参加国のうち約150カ国の面積や人口、首都、国の特徴を五十音順に紹介し、冊子にまとめた。冊子では各国の絵本なども紹介し、無料で手に入れることができる。 コーナーでは、過去のオリンピックの写真集や、歴代オリンピックポスターのエンブレムなども展示。特別コーナー開設と冊子の無料配布は、五輪最終日の12日まで。