シンクロはデュエット決勝のフリールーティン(FR)を行い、乾友紀子、小林千紗組は93・540点。5日のテクニカルルーティン(TR)との合計186・740点で5位に終わった。1984年のロサンゼルス五輪でシンクロが採用されて以来、日本は初めてこの種目でメダルを逃した。  イーシェンコ、ロマシナ組が合計197・100点で優勝し、ロシア勢が4連覇。カルボネル、フエンテス組(スペイン)が2位、黄雪辰、劉オウ組(中国)が3位だった。  日本ペアはTRで93・200点の5位につけていた。(共同)