マラソンはバッキンガム宮殿前の大通りを発着点にロンドン市内を3周するコースで女子を行い、日本勢は木崎良子が2時間27分16秒で16位になったのが最高で、2大会続けてメダルと入賞を逃した。24歳のゲラナ(エチオピア)が2時間23分7秒の五輪新記録で優勝した。  2009年世界選手権2位の尾崎好美は2時間27分43秒の19位、重友梨佐は2時間40分6秒の79位に沈んだ。(共同)