甲子園球場(兵庫県)で8日に開幕する第94回全国高校野球選手権大会の出場を決めた酒田南高の壮行会が31日、酒田市民会館で開かれた。 「酒南旋風をまきおこせ」と書かれた横断幕の下、選手たちは大きな拍手に迎えられ入場。斎藤善明校長が「地元中心の選手になって3年目。願いがかなった。応援をお願いします」とあいさつした。阿彦祐幸監督は「ロンドン五輪に負けない熱い夏にしたい」と抱負を語った。 阿部寿一市長らの激励を受け、下妻貴寛主将は「山形県代表として胸を張って戦う」と決意表明。大勢の市民や市職員から熱いエールが送られた。席上、酒田市甲子園出場基金から激励金200万円、市議会などから記念品が贈られた。 チームは2日朝、JR酒田駅から甲子園球場に出発する。