【ニューデリー、ロンドン共同】厳重な警備態勢が敷かれた27日のロンドン五輪開会式の際、入場行進したインド選手団の中に、選手団とは無関係の謎の女性が紛れ込んでいたことが分かった。インド選手団幹部は「恥ずべきこと」と憤り、英国側に説明を求める意向を示した。29日付のタイムズ・オブ・インディア紙が報じた。  別のインド紙は女性がインド南部バンガロール出身でロンドン在住の大学院生だと伝えた。  女性は選手団の服装とは全く違う赤い上着に青いズボン、スニーカー姿で、笑顔を見せながら男性旗手の近くを行進。選手たちがインドの伝統的な衣装のターバンやサリーを着用して歩く中、異彩を放っていた。