ロンドン五輪開幕を前に、尾花沢市内の小学校で17日、イギリス料理をアレンジした給食「がんばれ日本 ロンドンオリンピックメニュー」が提供され、子どもたちが一足早く五輪ムードを楽しんだ。 イギリスを身近に感じてもらうとともに、五輪に出場する選手の応援も込めて企画。メニューはスコッチエッグのほか、洋風に仕立てた揚げパン&ベーコン、グリーンピースとポテトのバター風味、キノコと野菜のスープなど6品を用意した。 玉野小(柏倉泰樹校長)では、全校児童70人がランチルームで味わった。料理を前に物珍しげな表情を浮かべた子どもたちは、口にすると「おいしい」と笑顔になっていた。6年の折原慶将君(11)と折原大介君(11)は「揚げパンが特においしかった。オリンピックでは北島康介選手や内村航平選手、なでしこジャパンなどみんなに頑張ってほしい」と話していた。