東京都が2020年夏季五輪の招致活動をしていることに賛成しているのは56・8%だったとの調査結果を、民間調査会社「日本リサーチセンター」がまとめ、10日発表した。  調査は6月6~18日に全国の15~79歳の男女を対象に実施し、1200人から回答を集めた。  東京都の招致活動について「賛成」「やや賛成」と答えたのは計56・8%。「反対」「やや反対」が計12・2%で「分からない」が30・8%だった。  賛成、やや賛成の理由(複数回答)は「経済効果が見込める」が73・3%で最も多く、「日本人選手の活躍を期待している」「東日本大震災からの復興に役立つ」が続いた。