ロンドン五輪の陸上女子400メートルリレー代表に選ばれた16歳の土井杏南ら埼玉栄高の在校生、卒業生の五輪代表壮行会が6日、さいたま市内の同校で行われ、土井は体育館を埋めた生徒や教員を前に「自分らしく、最高の走りをしたい」と初々しく抱負を語った。  8人の代表選手でただ一人在学中の土井は、出場すれば陸上の戦後最年少記録を塗り替える。「年齢は下だが、だからこそ出せるものを出したい」と若さをアピール。詰めかけた大勢の報道陣に戸惑いを見せつつ「ここからが本当のスタート。(目標の)決勝へバトンをしっかりつなぎたい」と決意を口にした。