【ロンドン共同】市民52人が死亡した2005年のロンドン同時テロで両脚を失った英国人女性、マーティン・ウィルトシャーさん(39)が20日、8月開幕のロンドンでのパラリンピックでシッティングバレーボールの英代表に選ばれた。英パラリンピック協会が発表した。  シッティングバレーは1チーム6人で、座位でプレーする競技。英メディアによると、ウィルトシャーさんは05年7月7日朝、通勤途中の地下鉄車内で、イスラム教徒の若者による自爆テロに巻き込まれ、ひざ上から下の両脚を失った。テロではロンドンの地下鉄計3カ所と路上の2階建てバス1台が爆破され、約800人が負傷した。