「ちばアクアラインマラソン」の開催まであと百日となった十三日、習志野市の大型商業施設イオンモール津田沼で事前PRイベントがあり、市原市出身のタレント猫ひろしさんが“出場宣言”した。  同マラソンのPR大使として参加した猫さんは「カンボジアと日本の友好のためにも出てほしい」との森田健作知事の要請に「にゃあ」と応じた後、人間の言葉で「優勝を目指します」ときっぱり。  猫さんはカンボジア国籍を取得し、フルマラソン選手としてロンドン五輪出場を目指していたが、惜しくも機を逃した。「背の高い選手を風よけにして、自己ベストの二時間半を切りたい」と冗談交じりに抱負を語った。 (堀場達)