3日に開幕する第49回戸出七夕まつり(富山新聞社協賛)を前に、高岡市戸出地区で 1日、七夕飾りの設置が進められた。あいにくの雨となったが、梅雨空を吹き飛ばすよう に、色鮮やかな吹き流しや赤い提灯(ちょうちん)が商店街を彩り、祭りムードを盛り上 げた。  最大で約20メートルの七夕飾りのほか、ロンドン五輪にちなんで「見せるぞ底力」と 書かれた行灯(あんどん)や、ペットボトルで東京スカイツリーをかたどった電飾などが 取り付けられた。祭りでは、大小約1千本の七夕飾りが一帯に設置される。  この日の富山県内は、前線を伴った低気圧の影響で6日ぶりに雨が降った。最高気温は 富山市で27・2度(平年26・5度)、高岡市伏木で26・6度(同22・3度)だっ た。富山地方気象台によると、2日の県内は曇りで、昼過ぎから晴れる見込み。