ロンドン五輪の柔道女子57キロ級で金メダルを獲得した金沢市出身の松本薫選手(24)が17日、石川県の谷本正憲知事を表敬訪問し「多くの人が応援してくれたのが力になった。金メダルを石川県に持ち帰れて良かった」と勝利報告した。  金メダルを首から下げた松本選手が県庁に姿を現すと、一目見ようと集まった県民らは拍手で歓迎、職員が花束を手渡した。谷本知事は「柔道をやる子どもたちに大きな夢を与えた。県民栄誉賞を与えようと準備している」と五輪での活躍をねぎらった。  松本選手は17日午後、かつて汗を流した金沢市の岩井柔道塾を訪れる。