熊本県は16日、ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルスで銀メダルを獲得した藤井瑞希(24)、垣岩令佳(23)両選手に県民栄誉賞を贈ると発表した。24日に贈呈式をする。 2人は「フジカキ」の愛称で知られ、五輪バドミントンで日本初のメダルを獲得。藤井選手は熊本県芦北町出身で、滋賀県出身の垣岩選手とは青森県の高校でペアを組んだ。ともにルネサスセミコンダクタ九州・山口(熊本市)の所属。 蒲島郁夫知事は記者会見で「活躍は新聞やテレビで大々的に伝えられ、日本中に感動と勇気を与えた」と語った。熊本県ではこれまで柔道の山下泰裕さんなど5人が県民栄誉賞を受けている。=2012/08/17付 西日本新聞朝刊=