ロンドン五輪の柔道のメダリスト5人が15日、東日本大震災の被災地を訪れて被災者らと交流した。「自慢したい」「かっこいい」。ヒーローやヒロインを前に子どもたちから笑みがこぼれた。  宮城県東松島市のホールを訪問した女子57キロ級金の松本薫選手(24)は「温かい応援をありがとう」とあいさつした。会場には数百人が詰め掛け、入りきれない状態。子どもたちは男子66キロ級銅の海老沼匡選手(22)と握手をしたり、2人のメダルに触れて感触を確かめたりしていた。  同県石巻市の小学5年、渡辺花菜さん(10)は柔道を習っている。「かっこよかった」とうれしそうだった。