山口県は13日、ロンドン五輪の卓球女子団体で銀メダルを獲得した山口市出身の石川佳純選手(19)=全農=と、柔道男子90キロ級で銅メダルを獲得した下関市出身の西山将士選手(27)=新日鉄=に、それぞれ県スポーツ特別褒賞を贈ると発表した。 石川、西山両選手には表彰状と報奨金50万円を贈る。石川選手への贈呈式は16日に県庁であり、西山選手は調整中としている。 特別褒賞は1月に創設された。「全国的に注目を浴びるような顕著な功績があり、今後も活躍が期待できる個人や団体」に贈るもので、五輪の金メダル獲得やノーベル賞受賞などを対象とする県民栄誉賞と、五輪出場者などに与えるメダル栄光の中間的な位置付けになっている。