柔道男子100キロ超級2回戦で、上川大樹(かみかわ・だいき)(京葉ガス)がイハル・マカラウ(ベラルーシ)に敗れ、五輪史上初めて日本の男子柔道が金メダルゼロに終わった。