龍ケ崎市は、東京五輪の柔道・中量級金メダリストで、流通経済大名誉教授の岡野功氏(68)に名誉市民称号を贈ることになり、六月市議会に関連議案を提案する。  選定理由によると、岡野氏は一九七七年に同大柔道部監督に就任して学生の指導に携わり、同大からロンドン五輪の柔道男子81キロ級日本代表を送り出すなどスポーツ振興に尽力した。  可決されれば、ロンドン五輪で柔道競技が行われる予定の七月下旬ごろに名誉市民称号を贈呈する計画。岡野氏は二〇〇二年、市のスポーツの振興と発展に寄与したとして「龍ケ崎市スポーツマスター」として顕彰されている。 (坂入基之)