【モスクワ共同】ロンドン五輪柔道男子60キロ級で平岡拓晃選手を28日の決勝で破り、ロシア柔道界にソ連崩壊後初の金メダルをもたらしたアルセン・ガルスチャン選手(23)に、同国の金メダリストに通常贈られる報奨金400万ルーブル(約1千万円)のほか、マンション1室とベンツ1台が贈られることが決まった。ロシア通信が29日報じた。  独身の大学生の同選手は、金メダル獲得で一夜にして“独身貴族”となった。贈り主はガルスチャン選手の地元、南部クラスノダール地方の柔道連盟のスポンサーになっている建設会社という。