男子66キロ級準々決勝 互いに決定的な技が無く、延長に突入した。海老沼の1分20秒すぎの小内刈りはいったん有効とされたが、取り消され旗判定に。最初の旗判定では敗れたが、異例のやり直しで優勢勝ちした。