【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)は26日、ロンドンで総会を開き、日本オリンピック委員会(JOC)会長の竹田恒和氏(64)を委員に任命した。日本からは13人目。明治天皇の孫で父の恒徳氏と親子2代で委員となる。  上限115人のIOC委員は、五輪開催都市を決める投票権などを持つ。日本は猪谷千春、岡野俊一郎の両氏が80歳定年制により昨年末で退任。初代の嘉納治五郎から103年続いた日本人委員の歴史が途絶えていた。  竹田氏は2001年にJOC会長に就任。20年夏季五輪の東京招致委員会では理事長を務める。