柔道男子のロンドン五輪代表が6日、広島県東広島市で強化合宿を報道陣に公開し、100キロ級のエース、穴井隆将(天理大職)は「金メダルを取るという使命感が大きい。一日一日、一分一秒、この瞬間を大切にしたい」と緊張感を漂わせた。  日本男子の篠原信一監督が「技が切れ出した」と好調ぶりを認める穴井は、激しい乱取りで得意の内股を披露。代表7人に大声で激励し続けた同監督は「まだ残り50日ある。練習では時に激しく、けんか腰でやってもいいと思う」と本番までの追い込みをにらんだ。