▽安田善治郎監督の話 勝つためには全員攻撃、全員守備をする必要があった。高い位置から重圧をかけて、相手の良さを消そうと思った。最後までそれを継続できた。  ▽山本由佳理の話 最下位決定戦に出たくないという気持ちがあり、とにかく1勝を挙げたかった。笑って帰ろうとみんなで話しているので、最後まで諦めずに頑張りたい。  ▽駒沢李佳の話 気持ちで飛び込んだゴールだった。体に染み付いているものなので、体ごとゴールに突っ込んで行けた。集中して準備ができていた。白星がなかったので、絶対に勝ちたいという気持ちがチームに広がっていた。(共同)