IGRいわて銀河鉄道(菊池秀一社長)は、いわて沼宮内-一戸間で駅弁の車内販売を始めた。五輪期間中は、岩手町出身の五輪選手にちなんだ「頑張れ!ホッケー弁当」を販売。五輪の応援機運を盛り上げるとともに、県北地域への誘客を目指す。車内販売は10月末まで、主に木曜から日曜の昼時に行う。  駅弁は岩手町沼宮内の精肉店「肉のふがね」が提供。ホッケー弁当は、ホッケー女子日本代表「さくらジャパン」としてロンドン五輪で戦う同町出身の田中泉樹(いずき)選手(20)が好きな鶏の空揚げや焼き肉が入ったスタミナ弁当。田中選手の母親に好物を聞いて作った。  田中選手が不来方高ホッケー部時代に同町で試合をした際に、親しんだ味だ。桜柄に金メダルをあしらった帯を付け、1個600円(税込み)。  車内販売を行うのは、いわて沼宮内を午前10時43分、午後0時43分、一戸を午前11時42分、午後1時23分に発車する4便。  問い合わせは肉のふがね(0195・62・2403)へ。 【写真=IGR車内で駅弁を売るスタッフ。五輪期間は「ホッケー弁当」も販売している】