第24回各務原市おがせ池夏まつり花火大会が21日、同市各務おがせ町のおがせ池で開催され、岐阜新聞・ぎふチャン花火シリーズの幕開けを飾る光と音のショーが大勢の見物客を魅了した。  岐阜新聞・ぎふチャン、各務区、各務発展会、市観光協会でつくる実行委員会が主催。同市、各務原商工会議所後援。  市内の会場でロンドン五輪出場を決めたホッケーのさくらジャパンの地元出身選手らを応援しようと、五輪の花をモチーフにしたスターマインでスタート。かわいらしい絵文字花火や、喜太郎の「シルクロード」に合わせたミュージック花火など、計約1300発の花火が、夜空と池の水面を華やかに彩った。 おがせ池を周遊し、幻想的な雰囲気を醸し出す舟山=21日午後7時35分、同 ◆輝く舟山 幻想の夏 花火の打ち上げを前に、ちょうちんで飾られた「舟山」がおがせ池を巡り、夏の風情を演出した。舟山は、住民の健康や地域での豊作を祈願し、毎年行っている伝統行事。辺りが暗くなり始めると、約200個のちょうちんがともされた舟山が地元の住民や児童を乗せて周遊した。  船上では笛と太鼓の演奏を披露。池の水面は、ちょうちんの明かりがゆらゆらと揺れ、幻想的な雰囲気を醸し出した。