ホッケーのロンドン五輪女子日本代表の田中泉樹(いずき)選手(20)=山梨学院大2年=は10日、岩手町の一方井小と一方井中を訪れ、母校の児童生徒と触れ合った。  一方井小では、田中選手が逃げる児童を追いかけるゲームや「1対1」のホッケー対決で交流。素早いドリブルからゴールを決めると、「すごい」と歓声が上がった。  ホッケー部主将で児童会長の遠藤香菜さん(6年)は「一方井出身の田中選手を誇りに思う。一生懸命応援します」とエールを送り、「燃やせ岩手魂」などと書いた寄せ書きを贈った。 (2012.7.11)