ロンドン五輪のサッカー男子3位決定戦で、日本を破った韓国の選手が試合後に竹島(韓国名・独島)領有を主張するメッセージを掲げた問題で、13日に韓国サッカー協会から遺憾の意を伝えるメールを受け取った日本サッカー協会が、14日付で韓国協会へ返事を送った。日本協会の大仁邦弥会長が15日、明らかにした。  大仁会長は「今までもいい関係を築いてきたので、これからも一緒に頑張りましょう、ということ。これからはFIFA(国際サッカー連盟)とIOC(国際オリンピック委員会)がきちんと調査する」と説明した。