【ソウル共同】14日付の韓国紙、中央日報によると、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長は、ロンドン五輪サッカー男子の3位決定戦、日本―韓国の試合後に韓国の朴鍾佑選手が竹島(韓国名・独島)領有を主張するメッセージを掲げたことについて「明らかに政治的な表現とみるべきだ」と述べた。  同紙とのインタビューに答えた。IOCは五輪憲章で、五輪施設や会場などでの政治的な宣伝活動を禁じている。  ロゲ会長は「選手は事前に規定を熟知しておくべきだった」と指摘し、「例外を認め始めると統制が難しくなる」として厳しく対処する姿勢を示した。