岡山県は13日、ロンドン五輪サッカー女子で銀メダルを獲得した「なでしこジャパン」の主将宮間あや(27)、GK福元美穂(28)の両選手に県民栄誉賞と県スポーツ特別顕賞を授与した。  宮間選手は「(今後も)どんな結果でも感動してもらえるプレーをしていきたい」と抱負を語り、福元選手は「たくさんの方に温かい言葉をかけてもらいうれしかった」と感想を話した。  両選手は同県美作市が本拠地の「岡山湯郷ベル」に所属。昨年のサッカー女子ワールドカップで優勝した際にも、同じ二つの賞を受賞している。