▽佐々木則夫監督の話 (ブラジルは)強かった。よく辛抱しながら、カウンターをうまく活用した。闘志の守備でよくやってくれたし、数少ない決定機をしっかりものにできた。これからも、闘志を持ってやらせたい。  ▽大儀見優季の話 守備陣が苦しい時間を踏ん張って、ワンチャンスをものにできてよかった。(得点場面は)相手が油断していたので、隙を突けてよかった。勝ちたいという気持ちが出て、いい試合だった。  ▽大野忍の話 みんなの気持ちが入ったゴールで、自分だけのゴールじゃない。(五輪前のフランス戦で)負けているので、しっかり借りを返したい。勝って決勝に進みたい。  ▽宮間あやの話 前半20分あたりまで、完全にペースを握られた。素晴らしいチームに勝てたことを誇りに思う。残った4チームの中で、金メダルが欲しいという気持ちは一番ある。  ▽沢穂希の話 90分間、みんな集中してシュートを打たせない、入れさせないという気持ちで戦った。出ている11人だけじゃなく、スタッフやバックアップメンバーも含めて全員で戦った試合。(準決勝も)絶対に勝ちたい。(共同)