【ロンドン共同】ロンドン五輪第8日の3日、サッカー女子の「なでしこジャパン」は準々決勝でブラジルに2―0で勝ち、2大会連続の4強入りを果たした。6日の準決勝で初の決勝進出を懸け、フランスと対戦する。  前半27分に大儀見優季のゴールで先制し、後半28分にも大野忍が加点した。  陸上女子100メートルの福島千里は準決勝に進めなかった。200メートルで雪辱を期す。女子1万メートル決勝は新谷仁美が9位、3大会連続出場の福士加代子は10位で惜しくも入賞(8位以内)を逃した。  今大会の日本のメダルは金2、銀8、銅11の計21個。