【コベントリー(英国)共同】サッカー男子(原則23歳以下)で1次リーグD組を1位で突破した日本は2日、英国のコベントリーで調整を行い、FW永井(名古屋)らがシュート練習などで約1時間、体を動かした。左足首を捻挫したDF酒井宏(ハノーバー)が全体練習に復帰した。DF吉田(VVVフェンロ)ら1次リーグ3試合すべてに先発した4選手は宿舎のプールで調整した。  チームはこの後、準々決勝のエジプト戦の舞台となるマンチェスターへ移動する予定。  日本は1次リーグで無失点と堅守が光り、2勝1分けの勝ち点7でD組首位。エジプトは1勝1敗1分けの勝ち点4でC組を2位で通過した。