【ロンドン共同】「大津、スペインに痛撃」「スペイン、ショックの敗北」。27日付英各紙は、ロンドン五輪のサッカー男子1次リーグで日本が優勝候補スペインを破ったことを驚きをもって報じた。  スポーツ面の1ページの大半を使って報じたタイムズは「2010年のワールドカップ(W杯)と今年の欧州選手権を制したスペインは、ロンドンで金メダルを取って世界制覇を完了させるかに思われた」と指摘。「(しかし)その無敵さは『日出づる国』によって地に落とされた」と伝えた。  ガーディアンは「永井謙佑はスペイン守備陣の脅威となり、清武弘嗣が優れたプレーを見せた」と活躍をたたえた。